大学院修了判定に合格しました

2018年2月28日、大学院の修了判定の結果が出ました。

WEBでの発表だったのですが、午前中は予定があってずっと見れなくて、午後、やっと見ることができました。

「合格」でした。

合格の通知

判定結果の画面

単位は1年生の時にとってしまっているので、2年生は論文だけやればいいという状況での、結果待ちでした。

論文提出が1月11日、論文の口頭試問が1月26日。それからの1か月間は、長く感じたような気がします。

もし、論文が通らなければ、それは仕方がない。諦めよう。もう1年かけて、自分なりに論文の完成度を高めよう。そんな気持ちでした。

これで、修士の学位をもらえます。

お世話になりました、そして応援してくださった方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

今日は奮発して、ちょっといいお刺身と、ちょっといいビールを買ってきたので、晩ご飯に軽くお祝いします。ちゃんとしたお祝いは、週末に、ひなまつりと一緒にする予定です。

お刺身

2年間、授業やレポート、論文に時間を費やしました。これからは、思う存分時間が使えます。ここからが、再スタートです。いろいろとやりたいことがあるので、これからはガシガシと前に進んでいきます。

 

関連記事
私が大学院に進学した理由
昨年度の履修科目(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科)
社会人になって大学院に通うということ
研究報告書レジュメ提出
大学院の研究報告
学ぶことは大変?楽しい??
佐藤雅昭著『あなたはなぜ論文が書けないのか』を読んで、論文が書けそうな気がしてきた
立教大学池袋キャンパス内、日比谷松本楼でゆったりランチ
私が子どもを大学に連れていく理由
修士論文提出まで残り1か月
子どもが寂しがっていたけれど大学で論文を書く
修士論文提出期限まであと1週間
本日、修士論文提出
修士論文審査会、終了