英語がしゃべれることが目的ではない英語講座 ドゥーラとして寄り添うために 10/10英語講座の先生からのメッセージ

10月10日に、「カタカナが読めれば参加できる!ドゥーラのための現場で役立つ英語講座」を開催します。

講師の渡辺真里さんから、メッセージをいただきました。

ーーー

皆さん、こんにちは!10月10日(水)に池袋で開催されます「カタカナが読めれば参加できる!ドゥーラのための現場で役立つ英語講座」で講師をつとめます、渡辺と申します。

渡辺真里さん

講師の渡辺真里さん

私は12歳の時に父の会社の都合でカナダへと引っ越しをすることになり、その後約10年間カナダ・トロントに住んでいた、いわゆる“帰国子女”です。

カナダへ移住した当初、私の英語力はかろうじて自分の名前をローマ字で書ける程度でした。日本人学校がない地域だった為、ほぼ白人しかいない現地の学校へいきなり入学。最初の数年間は先生が言っていることも、黒板に書いてあることも分からず、とても苦労しました。

これを読んでいらっしゃる方の中には英語に苦手意識をお持ちであったり、自分が英語でコミュニケーションを図れるようになるイメージが全然わかないという方もいると思います。実際に苦労した身としてその気持ちは私もとてもよく分かります。

けれども安心してください!今回の講座は「英語がしゃべれるようになること」が目的ではなく、まずは英語に対する苦手意識を取り、そして母国ではない国(日本)で妊娠・出産という体験をしたお母さんたちに、文化的な背景を考慮しながらドゥーラとしてどのようにして寄り添い、励ませばいいのかということに焦点を置いていきます。

タイトルにある通り、カタカナが読めればどんな英語力の方であっても参加できますし、もしも英語を使うようなシチュエーションになった場合には講座当日お配りする資料をお持ちいただければ、資料を指差しながら相手の方とコミュニケーションが取れるようになっています。

将来的な仕事の1つの可能性として、英語の“基礎研修”を受けにくるような気持ちで気軽に参加してもらえたらなと思っています。10月10日(水)皆さんとお会いできますこと、楽しみにしています。

ーーー

いかがでしたでしょうか?

・「英語がしゃべれるようになること」が目的ではない
・英語に対する苦手意識を取る
・文化的な背景を考慮する
・ドゥーラとしてどのように寄り添い励ますのかに焦点を置く

こんな英語講座です。

私も真里さんからのレッスンで、苦手意識がほどんどなくなりました。すごくおすすめの講座です。

お申し込み締め切りは、本日10月5日(金)17:00です。

お申し込みはこちら

英語学習のきっかけとして、スキルアップの一つとして、ぜひご参加ください。

お待ちしております!!

 

関連記事
10/10(水)産後訪問を想定した英語講座を開催!カタカナが読めれば参加できます
MOMCREW英語ページができました
英語の勉強、3年目に突入!
英語学習の新たな目標「2019年秋までに日常会話ができるようになる!」
英語レッスンの発音練習、次の絵本は『Goldilocks and the Three Bears』
英語レッスン 絵本でウォーミングアップ&発音&訳す練習
英語コンプレックスだった私が英語の勉強を1年続けられた理由

 

 

 

 

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。