英語レッスン 絵本でウォーミングアップ&発音&訳す練習

以前、英語コンプレックスだった私が英語の勉強を1年続けられた理由という記事を書きました。いま、どんな形で英語の勉強を進めているのか、ご紹介したいと思います。

英語の絵本の選び方

レッスンが始まると、英語の絵本を読みます。この絵本も、先生と相談しながら選びました。

選ぶにあたって、次のことを選ぶ基準にしました。

1 英語圏では広く読まれていたり、比喩につかわれたりするもの
これは、文化を感じることにもなります。比喩に使われているものは、現物を知っていることで、より理解しやすくなります。

2 日本語訳がない(もしくは私が知らないもの)
優れた絵本は、かなり日本語に訳されていますが、今回は、そうではないものを選びました。理由は、そのほうが楽しそうだったから!(先生は、深い理由があってのことかもしれません)

3 絵のタッチが、私とフィーリングが合うもの
絵本なので、絵の印象は大きいです。なので、読んでいて楽しい、心地よいという絵を選びました。

4 娘が興味を持ったときに、娘も読めるもの
最近は、小学生から英語を習うそうです。いつ興味を持ってもこの絵本を読めるように、娘も好きそうなものにしました。

発音の練習

日本語にない英語の発音で、R、L、TH、F・V・PHに気をつけながら読んでいきます。

これが、なかなか難しい!舌が筋肉痛になりそうだし、口がとっても忙しい。でも、少しずつ、慣れてきたかも?

訳す練習

英語の区切りや、組み立て、単語などを理解して、日本語に訳す練習を始めました。なんとなく理解できるけれど、それをわかりやすく正確な日本語に訳すのは、難しいです。わからない単語は調べながら、訳していきます。

ちなみに、いま使っているのは、こちらの絵本。

英語の教科書に使っている絵本

「Once upon a time,there was a lonely prince.」で始まります。lonely princeなんて、おとぎ話のようで、わくわくします。

絵本の見開き1ページ、たった5文程度でも、なんだかとっても疲れます。先生によると、ちょっと普通とは違う脳の使い方なのだとか。

あまり気負いすぎず、細く長く続けていきたいと思っています。

関連記事
英語コンプレックスだった私が英語の勉強を1年続けられた理由

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。