横浜中華街の中華粥専門店「謝甜記貮号店」はとろっとろで味わい深いお粥

横浜中華街に住んでいる友人に、中華粥専門店「謝甜記貮号店」に連れて行ってもらいました。

何店か候補があったそうなのですが、私がダイエットをしているため、お粥にしてくれたそう。こういった心配り、とっても嬉しいです。

中華街の入り口
中華街の入り口

中華街に来たことは、片手で足りるほど。すべて詳しい人に着いていっただけなので、お店の名前も場所も、覚えていません。食いしん坊のさがなのか、食べた料理の味や香りや食感は覚えているのですけれど。

中華粥を食べるのは、もしかしたら初めてじゃないかなと思いをめぐらせながら、お店に向かいます。

話に夢中で、外観の写真は撮り忘れました。店先に、大きなサンタさんがいましたが、なんででしょう。

11時半ごろにお店に行ったのですが、前に1組待っています。少し待つと、すぐ入れました。玄関の間口が狭かったのですが、奥に広く、結構な席数がありました。全席埋まっていて、ほとんど女性です。

メニューは、お粥が中心。お粥は、白粥はもちろん、あわび、貝柱、エビ、カニ、五目、野菜、もつ、レバー、牛すじ、牛、鶏、豚、ピータン、卵、ふかひれなど、たくさんの具から選べます。

何を選んでいいのか迷ったので、いろいろ入っているごもくがゆにしました。

サイズが2種類あって、普通と中碗から選びます。友人が、中碗でもわりとお腹いっぱいになるよと教えてくれたので、中碗にしました。

きました。

五目粥
ごもくかゆ(中碗)

あれ?写真ではもっと具がいっぱいのっていたのに、と思っていたら、店員さんが「中に具が入っています」と教えてくれました。

レンゲですくってみると、ザクザクと具が入っているではありませんか!

中に具が入っている
中に具が入っている

食べると、日本のお粥とは全く違います。お米の形がなくなるくらいに火が通っていて、とろっとろ。鶏ガラのスープでしょうか。しっかりと味がついています。エビやイカ、お野菜などが、レンゲを入れてお粥をすくうたびに出てくるので、「次は何が出てくるかなー」なんて気分になって、楽しい。うーん、おいしい。これで、620円。近所にあったら、週1で通うお店です。

レンゲと小皿。

レンゲと小皿も出てきた
レンゲと小皿も出てきた

レンゲを取ると、ネギに酢醤油がかかっていました。これを時々トッピングしながら、お粥をいただきます。

ネギと酢醤油
ネギと酢醤油

隣にいたおばさまグループは、お粥の中碗と、エビチリ、唐揚げ、餃子、八宝菜などの料理とビールを一緒に注文して、みんなで食べていたんだけど、大人数だったらそんなものいいかもしれません。

お腹いっぱいになりました。体も温まりますね。

お会計のところに、お土産用のお粥を売っていたので、2人前買うことに。家族で食べるか、いらないって言われたら、私のお弁当になるかな。

お店を出ると、すぐそばが、山下町公園でした。「テレビで見たことあるー」、思わず写真を撮りました。帰ったら子どもに自慢しようっと。

山下町公園のすぐそば
山下町公園のすぐそば

また行きたいです。

ごちそうさまでした。

関連サイト
謝甜記貮号店

関連記事
→新宿駅2分「果実園リーベル」再訪問 ランチでフルーツサンド
→航空公園7分 珍しいうずら専門店「うずら屋」でランチ
渋谷ヒカリエ5Fの和カフェ「茶庭 然花抄院」の昆布茶はたっぷり入っていて嬉しい
→新宿駅2分のフルーツパーラー「果実園リーベル 新宿店」のモーニングでフルーツサンド 朝の打ち合わせに使えるお店
→池袋・東京芸術劇場2F「Bicerin Metropolitan Theatre」でパニーノランチ 誕生日を祝ってもらい感激
→大塚駅5分「HANOK」は子ども大歓迎!こだわり手作りの韓国料理

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。