被災時に役立つツナ缶ランプに挑戦!

前回は、パッククッキングに挑戦した顛末を記事にしました。

今回は、その時に一緒にやってみた、ツナ缶ランプについてまとめてみます。

缶詰のオイルがランプ代わりになると、テレビでみたり本で読んだりしていましたが、実際にやったことはありませんでした。

芯と火があればいいのかな。料理用のタコ糸があったので、ツナ缶を開けてさしてみました。しばらくしてオイルが糸に染み渡ったかなあという頃合いで、点火。

ツナ缶ランプ 着火

おお、着きました!家族全員、大喜び!!

しかし、

・芯を長くすると、ススがでる
・缶が熱くなるかもしれないので、下にお皿を1枚しくと安心

で、お皿をしいてみました。

お皿を敷いた

芯が短くなってきて、

・この形状だと、ふたに火が当たって熱くなって、ふたを取ることができない

ということに気づきます。しかし、時すでに遅し。消えるまでこのままで様子を観察します。

 

ツナ缶ランプを囲んだ食卓の様子。思ったよりも明るさがありました。

食卓の様子

明るいって、安心感がありますね。

消える直前のツナ缶ランプです。

消える直前

結局、4時間ほど明かりがついていました。

明かりが消えた後のツナ缶の様子。

明かりが消えた後のツナ缶

油がなくなって、ぱさっとしています。食べてみると、おいしかったです。

今度挑戦する時は、この方法ではなく、別の方法(中心に穴を開けて芯をさす)にチャレンジしてみたいと思います。

 

関連記事

被災時にも役立つパッククッキングに挑戦!

わが家のおうち焼肉はイワタニ焼肉プレートY3

つながる.com著『被災ママ812人が作った 子連れ防災手帖』は被災の実体験から子連れ対策をまとめた防災本ー防災本シリーズ1

『an・an SPECIAL 新装版 女性のための防災BOOK』は女性に必要な防災グッズがよくわかるー防災本シリーズ2

『クロワッサン特別編集 [最新版]女性目線で備える防災BOOK』は家の防災がよくわかる本ー防災本シリーズ3

『4コマですぐわかるみんなの防災ハンドブック』は幅広い情報が4コマ漫画で描かれていて読みやすいー防災本シリーズ4

 

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。