エシカルな消費をしたくて マザーハウスの名刺入れを購入

大学院一年生の時、エシカルビジネス論で知ったマザーハウス。やっと買うことができました。

マザーハウスは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」というポリシーをもとに、バングラディシュやネパールでものづくりをしている会社です。

いま使っている名刺入れが、だいぶくたびれてきて、名刺交換で出すにはちょっと恥ずかしいなぁと思っていたのです。 次に名刺入れを買うなら、マザーハウスと決めていました。

打ち合わせの帰り道、たまたまマザーハウスの店舗を見つけたので、寄ってきました。

そこで一目惚れしたのが、こちらの名刺入れ。

マザーハウスの名刺入れ

マザーハウスの名刺入れ

地味な色味ですが、紫のグラデーションから宇宙のイメージが湧いてきました。

このシリーズ、「夜明け」という名前がついて、飛行機で迎える夜明けをイメージした商品だと、店員さんが教えてくれました。

会社設立から三年、会社の基礎固めをしてきて、来期の四年目に様々なことを具現化していく時期に来た、そんないまの気分にぴったり!

+864円で、プロテクションクリームを塗ってくれるサービスを紹介されました。保護膜を作ることで、汚れの浸透を予防するそうです。 お店でやってくれるのならと、迷わず、お願いしました。支払いをしている間に、クリームを塗って乾かすのも終わっていて、あっという間でした。

購入後は、お店でお手入れもしてくれると教えてもらえました。お手入れすることで長持ちして大切に使えるなら、いいですね。お店の近くに行くことがあったら、立ち寄ってお願いしてみようと思っています。

手渡されたのは、紙袋ではなく、布の袋でした。

布の袋とパンフレット

布の袋とパンフレット

値段
名刺入れ 8,640円
プロテクションクリーム 864円
合計 9,504円

消費もなるべく選んでいきたいです。

 

関連サイト

MOTHERHOUSE

関連記事

昨年度の履修科目(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科)
社会人になって大学院に通うということ
私が子どもを大学に連れていく理由
大学院を卒業しました