今年のバレンタインデーは質より量作戦

今日は2月14日。バレンタインデーです。

毎年バレンタインには、夫に喜んで欲しくて、自分も少し食べたくて、チョコを手作りしています。しかし、今年はダイエットの真っ最中。作りながら「できばえはどうかな♪」とか「味見しなくちゃ♡」とか、つまんだりしそうで心配。今年は、市販品のチョコを買うことにしました。

近所の中では高級なスーパーに行き、一つはフランス、もう一つはイギリスのチョコをゲット。

そして、おかしのまちおか(お菓子の専門店で、ちょっと安くなっているお店)で、いちごのチョコを二つ購入。

さらに、何かラッピング用品を買おうと100均に。

しかし、ラッピング用品のところは人が群がっていて、とても近づける状態じゃありません。仕方がないから家にある紙袋で代用しようかなと思いつつ、いま適当な大きさの袋がなかったなーと思ってレジに向かっていると、ピンときた商品がありました。布の袋です。

これなら、夫が使わなくなったら、私が使えばいい!捨てなくていいから、これにしよう!!

買ったものが、こちらです。全部で2000円くらい。

購入したチョコと袋
購入したチョコと袋

私は質が大切なのですが、夫は量を重視するタイプ。なので、たくさんのチョコをあげて喜んでもらう作戦です。

チョコを袋にいれたところ
チョコを袋にいれたところ

こんなに甘いものをあげて、健康を害する手伝いをしているんじゃないかとも思ったのですが、私が買わなくても仕事に行っている時は自分で甘いものを買って食べているようなので、まあ、いいでしょう。

帰宅した夫は「なにこれ!すごいあるよー!!買いすぎじゃん」と嬉しそうに言っていました。

しかし、ミルキー苺を手に持ち、「これ、チョコじゃないよね」と一言。が〜ん。ミルキーはチョコじゃなくて、飴だった。私はなぜチョコと思い込んだのでしょうか。なぞです。

喜んでくれたので、よしとします。

関連記事
ダメだったら別れれば(離婚すれば)いいから、結婚してみようか」と結婚した私たち夫婦の結婚記念日
いい夫婦の日に考えた、わが家流夫婦円満のコツ
食料品の買物、手放しました – 買物は私の仕事と思い込んでいた
いい夫婦の日に考える、いい夫婦とは


投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。