映画『オーガズミックバース』第1回上映会が終わりました

7月5日午後、池袋にて、映画「オーガズミックバース 〜気持ちいい お産の秘密〜」の第1回上映会を開催しました。

「オーガズミックバース」に興味がある方、出産を控えた妊婦さん、出産経験のある方、助産師さん、産後ケアをされている方、産後ドゥーラなどなど、12名の方が参加してくださいました。

参加者のみなさんと記念撮影

映画「オーガズミックバース」とは

映画は、7組のカップルの出産の様子を映し出すと共に、 産科医や助産師など出産のエキスパート達による現代の医療介入を中心とした出産が、 本当に女性に優しいのかという疑問を投げかけます。

また、出産とセクシュアリティの関係についても語られ、女性の身体の神秘を、より深く知ることができます。

映画オーガズミックバース

お産がそれほど進んでいない時、庭で、バルコニーで、夫婦で暖かで親密な時間を過ごしているカップルの様子。誕生の祝福の歌をうたう家族、自分が最初に赤ちゃんに触って取り上げたと感動する旦那さん。見ている私も、満たされた気持ちがしました。

この映画は、公開された2008年、以下、五つもの映画賞を受賞しています。

2008年 Mother baby International Film Festival Audience choice-Bermuda
2008年 Usti Film Festival in the Czech Republic
2008年 Baltimore Women’s Film Festival Documentary
2008年 RIO International film festival dox category
2008年 Festival Caminhos Cinema Portugues Portugal

そして、喜びに満ちたお産を知っていれば選択することもできるけれど、知らなければその選択肢すらないんだなあと、この映画を見て気付かされました。

誤解されやすいのですが、この映画は、医療肯定でも否定でもない立場でのドキュメンタリーです。

監督 デボラさん

この映画の監督は、私の敬愛するデボラさん。

デボラさんは、DONAドゥーラトレーナー・チャイルドバースエデュケーターです。世界中でドゥーラトレーナーとして活動されている方です。

デボラさんと写真撮影

2018年春に来日されたデボラさんと赤星

母と子に対する愛はどこまでも深いデボラさん。またお会いしたいなぁ。

翻訳の伊東清恵さん

映画を翻訳した伊東清恵さんは、ニューヨークで活躍するドゥーラ。

デボラさんと友人たちと居酒屋で軽く一杯

写真一番右が伊東清恵さん、その隣がデボラさん。友人たちと居酒屋で軽く一杯。赤星は左から2番目。

ダイアログタイム

上映が終わったあとに、ダイアログタイムを設けています。参加したくないという方は帰っていただいていいし、ちょっと話したいという方はそのまま残ってもらいます。

今回、私は参加者のお子さんと遊んでいました。かわいい子どもと遊べて、楽しくて楽しくて。一緒に遊んでくれて、ありがとう。また遊ぼうねー。

そんなわけで、この対話には参加していないのですが、みなさんかなり活発に発言され、盛り上がって、予定の時間をオーバーするほどだったそうです。

ダイアログタイム

今後の上映会予定

実は、まだブログでご報告できていないのですが、第2回8月4日の上映会が終わっています。第3・4回目は世田谷で上映会をします。

世田谷は、どちらもオーガニックのお弁当付きを予定しています。

ご興味ある方、ぜひいらしてください!
9/14(金)18:00〜

 9/28(金)10:00〜@世田谷区用賀

関連記事

バースワーカーのためのアドバンスドワークショップに参加

外苑前駅3分「梅の花 青山店」でデボラさんとランチ会

英語学習の新たな目標「2019年秋までに日常会話ができるようになる!」

 

 

 

 

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。保有資格:調理師 食品衛生責任者  一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。