ついに、2年6か月ぶりのプールへ

先日、なかなかプールに行けないので、水着を新調したという記事を書きました。

その時のブログ記事は、こちら
水着を新調しました

家族に話すと「水着、買ったの?」と冷ややかな反応。どうせ、行かないでしょという雰囲気がただよっています。

なぜかプールに行くかどうかが賭けになる

そのうち、夫と子どもで「プールに行く行く言ってるけど、本当に行くかどうか、賭けよう」と話しているではありませか! 「プールに行かないと思う人」との問いに、夫も子どもも手をあげている!! 「じゃあ、賭けにならないねー」(二人で笑いあっている)。子どもは私に「プール行かなかったら、なんかちょうだい」とか言ってきます。

私は「明日、プールに行きます。もし、行かなかったらプールの会員やめます。行ったら、私の好きなものをプレゼントしてもらいます」と宣言すると、なぜかすんなりOK。

好きなものは、結局、お家焼肉になりました。

賭け当日

翌日、ドキドキしましたが、プールに行きました。

2年6か月振りのプール。以前通っていた時と、時間帯もコーチも違うので、どのコースに入っていいかもわからず戸惑いましたが、コーチや他の方に教えてもらいながら、なんとか1時間のレッスンが終わりました。

初級に近い中級コースに入ったので、泳いだ距離は950m。それほど心拍数が上がる内容ではなかったので、久しぶりの私にはぴったりでした。次回からは、もう少し泳ぐコースにしようかな。

それでもレッスンが終わる頃には、腕や背中・脇腹など、上半身の筋肉がだるーく、重ーくなっていました。

帰宅後は、清々しい気分で仕事に取り組むことができたので、今後は仕事のパフォーマンス向上も期待できますね。

家族の反応

夜、家族にプールへ行ったことを報告。

家族の反応は、

夫「やっぱり、食べものがかかると、強いねー」
子ども「やったー! 焼肉が食べれる!!」

でした。

「あれ? いつもより肌がきれい見える」と夫。確かに、いつもよりプルプルな感じです。

週末、念願の焼肉を家族で楽しみました。

今後の目標

週1回程度のペースでプールに通いたいと計画しています。

運動不足解消、体力の向上、集中力のアップ、基礎代謝の底上げ、仕事のパフォーマンス向上などのためにも、プールの時間は確保しようと思っています。



投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。