クリップを使ってリボンをわかりやすく収納する方法

子どもの小学校の図工で、リボンなどを持参するように言われる時があります。そんなときのために、プレゼントなどいただいたときの包装に使われているリボンを保管しています。すぼらな性格の私は、リボンや紐をまとめて箱に入れていました。

しかし、薄いリボンは丸めておいても、すぐ広がってしまうし、どうしたらいいか。これをもっとわかりやすく、きれいに収納できないかなと考えていたのですが、ふと思いつきました。

それは、事務用のクリップでまとめる方法です。

着物の半襟をクリップでとめる方法があるという話題から、この方法を思いつきました。

ビフォアの写真がこちら。

リボンをまとめる前

ぐちゃぐちゃで、どんなリボンがあるのかわかりにくいですね。

そして、アフターの写真がこちら。

アフターの写真

几帳面な方は、もう少し整然と並べたいかもしれませんが、これだけわかりやすくなれば、私には十分です。

長さが短くて使いそうもないものは処分しました。布のリボンや紐は、クリップでとめなくても形を保っているので、ただ丸めただけです。

リボンを写真のようにクリップでとめると、広がらず、まとまりました。

リボンをクリップでとめる

ダブルクリップで止めたものもあります。

ダブルクリップで紐をとめる

私にしては、いい方法を思いついたと思います。

リボンの収納で困っている方の参考になれば幸いです。

 

関連記事

無印良品『自立収納できるキャリーケース・A4用』で移動できる文房具の収納

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。保有資格:調理師 食品衛生責任者  一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。