アイスクリームの作り方  簡単でおいしい!計量も簡単レシピ 

今月は、卵黄を入れたコクのあるバニラアイスクリームの作り方をご紹介します。
牛乳・生クリーム1パックを使い切れる分量にしたので、計量も砂糖だけでできます。材料は高品質で新鮮なものを選んでください。

バニラアイスがあれば、チョコレートシロップやフルーツ、ジャムを添えて、またパフェやフロートなども楽しめます。夏休みに子どもと一緒に作ってみても、楽しいですね。

材料

【材料】
牛乳………………500cc
生クリーム………200cc
卵黄………………5個分
砂糖………………120g
バニラビーンズ…1/2本

作り方

【作り方】
1 バニラビーンズを縦半分に切り、種をナイフでしごき出します。

種をしごき出す

バニラビーンズの種をしごき出す

2 鍋に牛乳、生クリーム、1のバニラビーンズの種とさやを入れて弱火にかけます。ヘラで混ぜ、鍋の縁が沸騰してきたら火から下ろします。

火にかける

火にかける

3 ボウルに卵黄と砂糖を入れ、泡立て器で白くもったりとするまで混ぜ合わせます。

卵黄と砂糖を混ぜる

卵黄と砂糖を混ぜる

4 3のボウルに2を少しずつ加え、泡立て器でよく混ぜます。こし器でこして2の鍋に戻します。

加える

加える

こす

こす

5 鍋を弱めの中火にかけ、たえずへらで混ぜます。泡が消え、少しとろみがついたようになったら、ヘラに残った液を指でなぞってみて、筋が残るくらいになったら火を止めます(熱いのでやけどに注意)。
*煮すぎると卵黄がかたまってしまうので、絶対に沸騰させないこと。

筋がのこる

筋がのこる

6 5をボウルに移し、たっぷりの塩を入れた氷水にあててます。泡立て器かハンドミキサーで、空気を含んでもったりとするまで泡立てます(ハンドミキサーはハイスピードで3〜4分、泡立て器は15分程度)。

氷水にあてる

氷水にあてる

7 保存用の容器(ステンレスやホウロウなど金属製のもの)に入れ、冷凍庫で凍らせます。
*保存は冷凍2週間。

金属容器に入れる

金属容器に入れる

おいしすぎて、食べ過ぎ注意!

今回はアイスクリームです。生クリームと牛乳は使い切りたいし、一般的な作り方の冷凍庫に入れて数時間後にまた混ぜてを繰り返すのは忘れそうだし面倒だから、一度泡立てればいい作り方にしました。

一番大変だったのは、泡立て作業。最初はしゃばしゃばの液体。本当にこんなので空気を含んで泡立ってくれるのか……夫と交代しながら泡立てていく。10分でやっと少しとろみがついてきた感じ。それでも辛抱強く泡立てていくと、15分ほどでよさそうな感じになってきた。夫曰く「アイスクリームを好きなだけ食べれるからやっているけど、自分が嫌いなものだったら、これは絶対できない作業」だそうです。

冷凍庫に入れて6時間して見てみると、完全にかたまっていて、いよりよ試食。

アイスクリームの完成!

アイスクリームの完成!

舌触りは少しだけシャーベットっぽいところがあって、市販品のなめらかさにはかなわないけれど、味は文句なしにおいしい! 口に入れた時の冷たさ、バニラビーンズの豊かな香り、甘味、コク……とってもとってもおいしいバニラアイスクリームができました。

1・5リットルの容器にちょうどおさまる量が完成。これからたっぷりアイスが味わえる〜。楽しみ〜。一度に食べ過ぎて、お腹壊さないように気をつけよう(笑)。

*この記事は、『食べもの文化』に連載していた記事を、リライトして掲載しています。