はじめての動画撮影─これはYouTuberデビューなのか??

先日、YouTubeにアップする動画の撮影をしました。

内容は、業務に関すること(MOMCREWの新規CREW募集の動画)なので、一般公開するものではなく、限定公開です。

サポートしてくださる方が励ましてくれて、異常な緊張をしつつも、なんとか撮り終わりました。

どうやったら上手く話せるようになるか聞いたら、「場数ですよ」とのこと。そっか、そうですよね。「才能です」といわれたら、どうしようもないけれど、「場数」なら私もそのうち、聞きやすくてわかりやすく話せるようになるかもしれない。希望が出てきました。

編集作業は、苦痛以外の何ものでもありません。自分の話す時の癖もよくわかって、「ここはあんな風にすればよかった」「ここは撮り直したい」「もうちょっと笑えばいいのに」「もっとスリムなほうが見栄えがするね」とか、いろいろ思いながらの作業です。でも、いまそんなことを思っても、撮り直すわけでもないし、作業が進むわけでもありません。なんとか歯を食いしばって、編集作業を終えました。

編集作業をしている様子。自分の顔がいっぱいで、戸惑いました

BGM選んだり、名前を表示させたりするのは楽しかったです。

なにごとも、一歩一歩進んでいくんですよね。次は、もうちょっと上手くできるかな。

「これって、もしかしてYouTuberデビュー?」と一瞬思ったけれど、広告で稼ぐことを目的としてないから、YouTuberではない気がします。

またひとつ、進化できたように感じます。

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。