子どもと楽しむ映画館ごっこ


夫がいない週末、子どもと何か楽しいことをしたいなぁと考えていました。

外食に行くのもいいけれど、寒いから出たくない。出前でもいいけれど、食べたら終わりで、楽しめるのはせいぜい1時間くらい。映画館に行くのもいいけど、お値段がはるし、インフルエンザも流行ってきてるし。

うーん。

家で楽しめて、3時間くらい楽しめるもの何かなぁと考えていたら、ふと浮かびました。「映画館ごっこ」です。

準備

計画書

・みたい映画をリストにする

・お菓子やジュースなど、用意するものをあげる

これだけです。

子どもは、この計画書が気に入ったようで、しょっちゅう眺めては「お菓子はこれじゃなくて、あれにしようか」「ジュースは、ジンジャエールとサイダーと、どっちがいいかな」などと、楽しそうに考えていました。

私の飲みもの、ノンアルコールビールやサラダせんべいなども書いてくれましたよ。

買物

買物は、夫の担当。私と子ども、二人で話し合った買物リストを伝えて、買ってきてもらいました。

当日

いよいよ当日。

早めにお風呂に入り、あとは夕食をとってから映画を見るだけだったのですが、映画館ごっこの準備に夢中で、晩ご飯を何も考えてなかった!!あまり時間をかけたくないしなぁ。子どもと二人で考えた結果、カップ麺を映画を見ながら食べることにしました。映画館ごっこの前倒しです。

映画といえば、ポップコーン!


市販のお菓子やおせんべいなど

私はノンアルコールビール、子どもはジュースを飲みながら、ポップコーンや野菜スティックを食べながら映画をみる。なんて楽しいんでしょう!

野菜スティックも用意

結局、クレヨンしんちゃんを2本、みました。

子どもも普段よりテンションが高めで、楽しそう。しんちゃんのギャグにけらけら笑い転げていました。

感想

映画館ごっこ、親子とも楽しみました。

単に、映画をみるだけだけど、「ごっこ」とつけて計画を立て、普段できないお菓子を食べながら映画をみるだけで、とっても楽しい時間になりました。

私は、予想していた倍くらい楽しかったです。また映画館ごっこやりたいねと、二人で話していました。

普段あまりたべないお菓子を食べすぎて、気持ち悪くて、なかなか寝つけませんでした。カロリーオーバーです。でも、いいんです。特別な日ですから。

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。