誕生の知らせと、永眠の知らせと

同じ日に、知人が赤ちゃんを産んだという知らせと、友人が亡くなったという知らせを受け取った。

新しい命の誕生を喜ぶ気持ちと、私と1歳違い、46歳とまだ若くして亡くなった友人への様々な思いが交錯して、仕事が手につかない。

命について、思いをはせる。

宇宙から見たら、人間の一生は一瞬だというけれど、私はどう生きたいのか。この命を何に使いたいのか。

まずは家族を大切にすること、そして、女性への支援という仕事を通じて、少しでも子どもを産み育てやすい社会にすること。結局、私のやりたいのは、ここなのだ。やりたいことがたくさんあるので、あと20年は生きていたいが、どうなるだろうか。

まとまらない文章ですが、いまの気持ちをどうしても書かずにはいられず、ブログ記事にしました。