ランチタイムに店員さんに気づかれずに5分間佇んでいた

ある日の出来事。

ランチタイム。その日の仕事は繁華街だったので、12時過ぎると混むことを予想して、少し早めのランチにすることに。いままでお店の前は通ったことがあったけれど、入ったことのないお店に行ってみることにしました。

「いらっしゃいませ」と言われ、お好きな席にどうぞと言われて、カウンター席に座りました。

1分たっても2分たってもお水はこない、座った席にメニューもない、5分くらい様子をうかがっていたけれど、店員さんが忙しそうにしていて声をかけるタイミングもつかめず、こちらにいっこうに気づく気配がない。客席をまわることもしていないので、気づかないのも無理はありません。私の次に来た方とその次の方にはお水が運ばれていたので、私が忘れられているだけだったようです。

この席数で、あの店員さんの数ではたりないかなぁと思ったのですが、見ているとムダな動きが多く、必要なことができていない感じ。

ここでお店の方を呼んで注文してもよかったのですが、そっと席を立ち、お店を後にしました。もうこのお店で食べる気がなくなってしまったからです。がっかりして、とても残念でした。

カウンターの両隣の方も、私が気づかれていなかったことを認識したのか、心なしか同情の気配が漂ってきます。

お店のウェブサイトもチェックして、食べる気マンマンで訪ねたのに、残念な出来事でした。

次回の反応を見るために、もう一度行ってみてもいいですが、優先順位は低くなりますね。

この日は別のお店に行って、無事、ランチにありつきました。

ま、時々こんなこともありますね。

*アイキャッチの写真は私がいま食べたいもので、本文とは関係ありません。

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。保有資格:調理師 食品衛生責任者  一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。