阿佐ケ谷駅5分・パールセンター商店街「稲毛屋」で国産うな重ランチ

先日、阿佐ヶ谷の新オフィスにお客様がいらっしゃることになりました。お昼の時間なので、ランチを食べてからオフィスをご案内しようと、JR阿佐ケ谷駅で待ち合わせ。特にどこに行こうとも決めず、駅から阿佐ヶ谷パールセンター商店街をぼちぼち歩いていたところ、焼き鳥とうなぎが売られているお店がありました。

「あら、うなぎおいしそう〜」「焼き鳥、リーズナブルな値段だわ」などと思っていたら、お客様が「うなぎ、食べれますよ!」と、路地側にあったお店の入り口を発見してくださいました。

稲毛屋入口

お客様も私も大のうなぎ好きということで、ランチのお店は即決!

うなぎ重 松(お新香・お吸い物付き)1,800円
うなぎ重 梅(お新香・お吸い物付き)2,400円
うなぎ重 菊(お新香・肝吸い・小鉢付き)3,500円
*値段は税抜

他にも焼き鳥などあったかもしれませんが、二人とも、お品書きの一番最初のページ(うなぎのページ)しか目に入りませんでした。

梅が平均的なうなぎ1匹、松はそれよりも少なめ、菊は大きなうなぎ1匹とのこと。二人とも、梅を注文しました。

稲毛屋さんのうなぎは、愛知県三河一色産の極上うなぎを使っているそうです。国産うなぎでこのお値段は、お安く感じます。

お客様も女性社長で食いしん坊という共通点があり、気付くと、食べものの話ばかりしています。

さて、うな重がきました。

うなぎ重梅

うな重の蓋をあけるときのワクワク感ったら、ないですね。期待が高まります。

オープン!

うな重の蓋を開けたところ

わあ、おいしそう!!!

うなぎ好きの方のために、アップで。

うなぎアップ

うふふ、いただきます!

一口頬張ると、

おお、うなぎだ!ああ、やっと会えたね。久しぶりだったよ。君はいつ食べてもおいしいね。ありがとう。

タレはあまり甘くなく、身はやわらかすぎず、かたすぎず、いい感じです。

お新香も何種類もあって楽しい。

お吸い物も、少ししょっぱめですが、柚子と三つ葉の香りがいい!うな重によくあいました。

お吸い物

店内は、テーブル席もカウンター席もあり、一人客の割合のほうが多いくらいでした。こちらなら、一人でふらりと入っても、安心して食べられます。

お店の方に古くからやっているお店なのかお聞きしたら、そうみたいですよ、とのことでした。詳しいことは、聞けませんでした。

各テーブルにうなぎのタレが置いてあって、足りない方は好きにかけて食べるようです。今回は、十分においしかったので、タレはかけずにいただきました。

うなぎって、おいしいですね。

ごちそうさまでした。

 

稲毛屋
東京都杉並区阿佐谷南1-35-24

阿佐谷パールセンター商店会
http://www.asagaya.or.jp/map/4han/inageya.html

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。保有資格:調理師 食品衛生責任者  一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。