とだこうしろう著『漢字えほん』で象形文字のデザインと漢字のおもしろさを視覚で捉えられる【本の紹介】

小学校1年生の娘が漢字に興味を持ったので、とだこうしろう著『漢字えほん』(戸田デザイン研究室)を買ってみました。
平仮名やカタカナには、あまり興味を示さない娘。漢字は好きなようで、「この漢字はなんて読むの?」とよく聞かれます。

この本は、絵文字から発展したといわれる象形文字の、そして漢字の持つおもしろさを、デザインによって、わかりやすく伝えてくれています。

例えば、母という漢字のページ。

母のページ

なるほど、子育てのシンボルとしての、二つの乳を表すのですね。

子どもが興味を持ったのは、こちらの目のページ。

目のページ

元は横のものが、「何で縦になったんだろうね」という娘に、私も「そうだね。なんでだろうね」とこたえます。

私が読んでみても、へぇー、そうなんだ!と、興味をひかれる内容です。

子どもには、漢字を機械的にただ覚えるのではなく、日本語のおもしろさを感じながら学んでほしいです。

学校で漢字を習い始めたら、この本はさらに活躍してくれるでしょう。

関連記事
『うんこかん字ドリル』がついにわが家にきた