池袋駅0分「立喰い寿し すしつね」のランチはお椀つき

2017年6月30日に新規オープンした立ち食いのお寿司「立喰い寿し すしつね」に行ってきました。

お店の外観

お店の外観

行き交う人も「あれ?」「お寿司屋さんになってる」という感じで、立ち止まって見ている方が多かったです。

確かこの場所は、パン屋さんがあったところと記臆しています。

実は、別の立ち食い寿司に行く予定だったのですが、たまたま通りかかって、みんなで入ってみようということになりました。

開店したばかりの店内

お店に入ると、お寿司を握る職人さんの威勢の良い「いらっしゃいませ」という声が響きます。

開店したばかりなので、店内は清潔。

すぐに、お茶を持ってきてくれて、注文をとりにきてくれました。

ランチメニュー

ランチメニューは3種類。

・ランチA 638円 8貫
・ランチB 918円 12貫
・ランチC 999円 10貫
(*すべて税込の値段)

私は、ランチCを注文。
見本のメニューにイクラがあったのですが、私はイクラがあまり好きではありません。イクラのみかえてほしいと言ってみたら、OKでした。

池袋駅構内の競合の立ち食い寿司店をよく研究しているメニュー構成だと感じます。

きました。

ランチC

どうやら、ランチCはまぐろの赤身、中トロ、大トロが入っているようです。

巻いてあるのは、キュウリとたくわんでした。

ランチC

ご飯は普通の量で、女性でも食べやすいです。

全体的に、よくまとまっているお寿司です。職人さんが握ってくれるお寿司を、安価で、さくっと食べることができるという意味で、999円で満足できました。

友人は、シャリがふわっふわでおいしい!と言っていましたよ。

その他

ランチの時間帯が10:00-15:00と長いのがいいです。そして、ランチはお椀がついているのもうれしいですね。

お椀

ただ、同行者がお好みのお寿司を注文したら、2貫からだそう。ランチだけなのか、営業時間中そうなのか、確認しそびれました。

また、トイレは店内になく、東武百貨店のトイレを使うように、張り紙が。

そして、伝票が A4サイズ!3人だったのですが、一人1枚A4の伝票が来たので、びっくり!経費削減になるのでしょうか。

池袋の、私がいつも行く立ち食い寿司のお店に行って、食べ比べてみたくなりました。さらにもう1軒、池袋の立ち食い寿司で食べていないところがあるので、こちらもまたレポートしたいと思います。

立喰い寿し すしつね
住所:豊島区西池袋 1-1-25 東武百貨店本館B1F 1番地
http://www.sushitsune.co.jp