禁酒して1年 いま思っていること

昨年、2018年8月18日に禁酒を始めてから、1年がたちました。

これまでの経過をまとめてみます。

もともとお酒が大好きで、いま思えばアルコール依存症なのではないかと思うくらい、よく飲みます。そこそこ量も飲めます。お酒の席も大好きで、あまりしゃべりませんが、飲んで食べて、みんなの話を聞いているだけで楽しめます。

そんな私が禁酒しようと思ったのは、ダイエットを始めたから。お酒を飲むと、おつまみをよく食べるんです。ダラダラと食べてしまうんです。だから、禁酒するだけでダイエット効果があるのではないかと始めました。

会食や飲み会の時もあります。でも、ブログで宣言したことで「いま禁酒中なんです」と言えば「そうだったね」と強くすすめられないから楽です。

いつまで禁酒するんだろう、一生禁酒は寂しい気がする、でも、いつ解禁する?と考えた末、出た結論が「会社の売り上げ目標を達成したら、お酒を解禁する」でした。

体調の変化

禁酒して1~2か月は、絶不調でした。私の体は、毎日のように取り込んでいたアルコールが突然補給されなくなって、びっくりしていたのでしょう。それを過ぎると「自分は天才なんじゃないか」と思うくらい、仕事のスピードが早くなり、集中力も増しました。

お肌の調子もよくて、禁酒前に比べてキメが細かくなり、すべすべツルツルに。きっと肝臓も、酷使していた1年前と比べてキレイになったことでしょう。

困ったこと

困ったのは、お酒の席で、飲めるものが少ないこと。

もともと甘いものは苦手で、コーラやオレンジジュースは好きじゃないので、お店によってはウーロン茶しか選べないこともあります。ノンアルコールビールがあれば、迷わず選びます。

もう少し、楽しくおいしく飲めるソフトドリンクがあれば、お店も売り上げにつながるでしょうに。

周囲の評価

意志が強いと言われるようになりました。

でも、私は意志が弱いと自覚してます。だからこそ、お酒を飲みたくなった時のために、いろいろと対策をとっているのですが、それがいいのかもしれません。

お酒が飲みたくなる時

普段はほどんど大丈夫ですが、時々お酒を飲みたくなる時があります。それは、おいしい料理をいただく時と、記念日。

おいしい料理とおいしいお酒の組み合わせは、最高です。お互いの良さが何倍にも引き出されるような気がします。これができないのが残念です。

記念日に関しては、結婚記念日などに、夫と乾杯したいなぁと感じましたが、ノンアルコールワインにしました。

最後に

会社の売り上げが目標達成していないので、もう少し禁酒は続きそうです。

今年中には、なんとか解禁にしたい!!

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。