母の日に思うこと


昨日は、母の日でした。

わが家は、家族で出かけていて、母の日をまったく意識していなくて、世間一般にいう母の日らしいことは何もしないまま終わりました。

昨日、帰宅してからSNSを見ていて、母の日だと気付きました。そして、一日を振り返ってみました。

母の日に思うこと

お出かけの時、バスの2人席に私と子どもが乗っていて、普段あまりバスに乗らない子どもが緊張しているのか、私によりかかってきました。すっかり私に体重を預けていて、その重みに、私を頼ってくれているんだなぁ、信頼されているなぁ、しみじみ幸せだなぁ、そんなことを思っていました。

この体重の重さが「しんどい」と感じる時もあります。それは、自分が疲れていたり、余裕がなかったりする時。

母の日に、いろいろな事情で感謝の気持ちを持てなかったり、複雑な思いを抱えている人もいるでしょう。自分が母となり、しんどい思いを抱えている人もいるでしょう。いつか、そんな方々のサポートができるようになりたいです。

自分のために花と食材を買う

そして今日、昨日は母の日だったけれど、母となった自分に何かしたいと思って、ふと、自分のためにお花を買ってみようと思いつきました。プレゼントするためにお花を買ったことはあったけど、自分のために買ったことはないかもしれません。

最初にのぞいたお花やさんは、ピンとくるものがなくて、購入には至りませんでした。電車で帰宅しながら、やっぱり私は「花より団子」だなと、いま一番食べたいものって何だろう?スモークサーモンが好きだけど、子どもも夫もそれほど食べないし、お高いから、しばらく食べたてないなと、スモークサーモンとクラッカーを1200円で購入。

購入したスモークサーモンとクラッカー
購入したスモークサーモンとクラッカー
クリームチーズとスモークサーモンとケーパー
購入したスモークサーモンでおつまみを
クリームチーズとスモークサーモンとケーパーをクラッカーに乗せて

最寄駅から自宅まで歩いて帰る途中、もう1軒のお花屋さんに寄ってみました。そこでは、パッとみて気に入った花束が二つあったので、300円×2=600円でお花を買いました。

購入したお花
自分のために買ったお花

約1,800円ですが、純粋に自分のためだけの買物。ささやかな贅沢です。

まとまらない文章ですが、いろいろなことに思いをはせた2019年の母の日でした。

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。