うみそだて大学第3回「外出先での授乳のおはなしー授乳服が育児を楽に、社会性を持った子どもが育つ理由」受付中

今年1月からスタートしたうみそだて大学。
https://umisodate.jp
うみそだて大学とは、妊娠・出産・産後・育児について学べる、毎月1回の定期講座です。

今回のテーマは「外出先での授乳のおはなしー授乳服が育児を楽に、社会性を持った子どもが育つ理由」です。講師は、光畑由佳さん。ここ半月だけでも、2/21毎日新聞・茨城新聞、2/28めざましテレビなど、メディアに引っ張りだこの光畑由佳さん(モーハウス代表取締役)をお迎えします。

光畑由佳さん

母となった女性は、自分が我慢すればいいと思ってしまいがち。でも、自分の力で自分も子どもも快適にすることができるとしたら、いいですよね。それが授乳服だと光畑さん。赤ちゃんが「周りの人が信頼できる」と思える、社会性が育つ子育ての仕方とはどんあものか、90%の確率で赤ちゃんを落ち着かせる方法とは何か、親の仕事が子どもの敵にならずに同志になる方法など、授乳はもちろん、子育てのヒントが満載のお話しです。

公共の場での授乳の是非が、定期的に議論になりますね。私が外出先で授乳している時は、なんとなく申し訳ないような、場の雰囲気を壊しているんじゃないか、不快に思っている人がいるんじゃないかと考えてしまったり、歓迎されていない気配を感じることが多かったです。だから、赤ちゃんと一緒にあまり外出できませんでした。外出できるのは、ママ友との集まりでみんな授乳している人だからと安心できる時か、デパートや役所など授乳やオムツ替えができるとわかっている場所、車で移動する場合がほとんどでした。

もし私が妊娠中に、あるいは産後の早い時期に光畑さんのお話を聞いていたら、外出先での授乳を、こんなふうに気を遣いすぎることなく、気楽にできていたでしょう。もっと出歩く機会が増えていたはずで、もしかしたら、うつうつとした精神状態ではなくて、楽しい産後ライフを送っていたかもしれません。

授乳は、子どもにとって生きていくためになくてはならないものであり、権利だと私は思っています。

いろいろな立場、考え方のみなさんで、授乳について考えていきたいです。

ご紹介と情報のシェアをお願いします

今月も目標として、まずは毎月30名の方に定期的に受講していただけるようにしたいと思っています(ちなみに、1月18名、2月7名でした)。

4月以降も、悩みの解決に役立つヒント満載の講座を予定しています(2020年1月まで決定。umisodate.jpに掲載あり)。
シェアとご紹介のご協力、ぜひお願いいたします。
※すでに告知にご協力いただいているみなさま、ありがとうございます。
※会員になっていただけたら一番嬉しいですが、会場参加は席があれば単発でのご参加も大歓迎です。
妊娠・出産・産後の不安を解決する講座はうみそだて大学
https://umisodate.jp

第3回うみそだて大学の詳細

【テーマ】外出先での授乳のおはなしー授乳服が育児を楽に、社会性を持った子どもが育つ理由
【講師】光畑由佳氏(モーハウス代表取締役)
【日時】3月18日(月)14:00〜16:00
【場所】IKE Bizとしま産業振興プラザ6階 第3会議室(池袋南口より徒歩7分)
【受講料】会員の方は無料(会員の受講料は月会費4,320円に含まれる)一般参加6,480円
【定員】会場45名/WEB90名 *会員優先
【お申込み】https://umisodate.jp
*キッズスペース有!赤ちゃん、子ども大歓迎♡

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。