ランチで時間を節約する方法ー私流ランチの取り方

私は一人で昼食を食べに出る時、12時から13時の間にはなるべく行かないようにしています。できれば11時30分頃、それができなければ13時過ぎにするようにしています。

なるべく待つ時間を少なくして、さっとランチしたいからです。

この記事では、私が普段、なぜ11時30分頃にランチに出かけるのか、メリット・デメリットに分けてまとめてみます。

メリット

待たなくていい

超人気店で行列ができているというお店以外、ほとんどのお店では、11時30分頃にお店に行くと待たずに入れます。まだ店内にいる人が少ないので、注文も比較的スムーズにできるし、ランチが出てくるのも早いです。レジでの支払いも、待たずにできます。

待つという時間を使わなくていい!これは、時間を大切にしたい私にとって、最大の魅力です。

デメリット

目立つ

同じお店に通っていると「開店直後に来る女性の一人客」と覚えられることがよくあります。3回程度行ったら「いつもありがとうございます」と言われたお店も。

長時間いることができない

混み始める12時前後にお店から出るようになるので「デザートもドリンクも頼んでゆっくりしたい」という場合は適さない方法です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

お勤めで、お昼休みが12時から13時と決まっている場合は使えない方法ですが、少し時間をずらせる方に参考になったら嬉しく思います。

一人でさっとランチを済ませたい時、私が普段心がけていることでした。

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。調理師/食品衛生責任者/出産ドゥーラ・産後ドゥーラ/発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。