大塚駅3分「シェ・ハラダ」は一つひとつが丁寧に作られているランチセット

行ってみたいお店があると大学院の同級生に誘ってもらい、ランチをしてきました。

大塚駅の「シェ・ハラダ」です。

西洋料理の老舗「東京會舘」で26年間修行を積んだシェフ。オープンして2年になるそうです。

東京會舘を知らなかったので、調べてみると、1920年に設立された老舗のようです。

お店の外観。

お店の外観

きちんとしているけれど、親しみやすくて入りやすい、街のお店の感じも出ています。

ランチメニューは、以下の5種類。

・オムレツプレート(バゲット付き) 900円
・ビーフカレー 1200円
・野菜カレー 1200円
・オムライス 1200円
・煮込みハンバーグ 1200円
*すべて税込

お店の名物はカレー。でも、前日にカレーを食べたこともあって、煮込みハンバーグにしました。

料理が来るまでのおしゃべり。この時期の大学院生の話題はやはり、修士論文。

「あの部分はどうしている?」「今後の見通しは?」「本提出の製本、どこでやろうか」などなど、いま不安に思っていること、わからないことなどを話しました。解決策が見つかったわけではないけれど、話すだけで楽になるし、同級生の顔を見ているだけで元気が出てきます。

まず、サラダがきました。

サラダ

このサラダのドレッシングが、とってもおいしい!胡椒がきいているところも、私好みです。

次に、スープがきました。今日は、かぼちゃのクリームスープ。

かぼちゃのクリームスープ

これは、「おいしい!」といってしまったくらい、おいしかった。見た目よりもあっさりとして、ベースのスープがきっときちんと作られているだろう、滋味深い味です。

そして、ハンバーグがきました。

煮込みハンバーグ

これは、おいしそうです!

ハンバーグが、厚みがありました。横からのカット。

煮込みハンバーグを横から見て

煮込みハンバーグなので、香ばしさはないですが、ふわっふわ。デミグラスソースが、またおいしい!!スパイスがいいバランスできいています。

食後に飲みものかデザートでもと、みんなで追加注文。ドリンクとアイス、シャーベットは200円でした。私は、ゆずシャーベットにしました。

ゆずシャーベット

このシャーベットも手作りの感じ。ゆずの皮が小さく刻んであって、シャーベットが溶けた後、最後に舌に残って少し苦味を残していきます。とってもいいです。

お店はこじんまりとしているけれど、清潔です。すべてのお料理がきちんと丁寧に作られていて、きちんとおいしいお店でした。

同級生のみなさん、ありがとうございました。あと2か月弱、頑張りましょう。

ごちそうさまでした。

 

関連サイト

Chez Harada
http://www.chez-harada.jp/index.html