わが家の台風の備えーベランダ・灯り・持ち出し袋

台風が関東に上陸する予報が出ています。私の生まれ育った山陰では、台風はよくあることで、台風が近づく予報が出ると、親が慌ただしく備えをしていました。

親がやっていたことを思い出しながら、いま、真似して備えています。

わが家はマンションなので、することはそれほど多くありません。

・ベランダの固定されていない物干し竿を、物干しから降ろしておく
・ベランダの植木鉢を室内に収納
・ベランダのスリッパを室内に収納
・非常用の灯りの電気がつくかどうか確認
・一時持ち出し袋を確認

つまり、ベランダの物を収納し、万が一の避難に備える、の2点です。

固定されていない物干し竿は、物干しから外れた場合、勢いでガラスを壊す危険もあると、親から教わりました。

この他に教わったことを思い出しながらメモしてみます。

・掃除
・基本的に外出しない
・川や海、低地で浸水しそうなところ、土砂崩れがありそうなところに絶対に近づかない
・停電に備えて灯りと食料を確保

掃除については、実家は田舎なのであまりなかったのですが、道に落ちているゴミを掃除していました。そのゴミが吹き飛ばされて誰かにぶつかってケガをしたり、何かを壊したりする可能性があるからだそうです。

警戒を怠らずに、台風に備えたいと思います。