助産雑誌2017年07月号(Vol.71 No.7)

助産雑誌7月号を読みました。

今号の特集「妊産婦の筋・骨格を理解して助産ケアへ活かす!」は、とても勉強になりました。

特集最初の「妊娠期から産後の身体変化を理解する」では、関西福祉科学大学・武田要教授が、妊娠期の姿勢・動作の変化、ふらつきと転倒、産後の姿勢と動作について書かれています。少し難しい言葉もありますが、全体像が6ページとコンパクトにまとめてありました。イラストや図、写真でわかりやすく理解しやすいです。

私たち、産後ドゥーラが妊産婦さんに接していて、悩みをよくお聞きする腰痛、浮腫(むくみ)、帝王切開と腱鞘炎などが取り上げられています。どれも、ふむふむ、なるほど、これはあの方がこの悩みを抱えていたなぁなどと思いながら読みました。

これからの妊産婦さんサポートにいかしていきたいです。