新宿駅5分のトルコ料理「チャンカヤ」は野菜たっぷりのボリュームランチ

友人に連れられ、トルコ料理を食べてきました。場所は、新宿駅から徒歩5分ほどのビル3階にあるトルコ料理「トルコレストラン チャンカヤ」。

ビル1階には行列ができていて、「あれ? 行列できてるって聞いてなかったよ!開店前だからエレベーター待ちなのか?」と思ったのですが、様子をうかがっていると、どうやら1階のイタリアンの行列だった様子。行列の横をすり抜け、エレベーターに乗って3階へ向かいます。

このエレベーターに乗るのがちょっと勇気が必要でした。ひなびたエレベーター内部で、3階に到着。もし友人が時々来ている店と知らなかったら、私は通りがかりでは入れないお店です。

開店と同時にお店に入り、メニューを見つつ、友人を待ちます。

ランチメニューは単品からセットまで、670円から1550円まで14種類あったので、どれにしていいのか、迷います。

12時近くになると、ほぼ満席になりました。

友人が到着。アドバイスをもらいながら、牛肉ドネルケバブのヨーグルト&トマトソースかけがメイン料理の、ランチセットS 1200円にしました。

まず、サラダ。

サラダ

次は、スープ。

何が入っているかわからなかったので、お店の方に聞くと、レンズ豆だとのこと。言われてみれば、レンズ豆のかけらがあって、なるほどです。何で味をつけているか、まったくわかりませんが、素朴な感じで、嫌いじゃないです。

レンズ豆のスープ

メイン料理の、牛肉ドネルケバブのヨーグルト&トマトソースかけ。

思ったよりも大きなお皿で、食べきれるか心配です。

食べてみると、これまた素朴な味付けで、わりと好きだけれども、ちょっと味が濃いかなー。

牛肉ドルネケバブのヨーグルト&トマトソースがけ

自家製ピタパンがきました。おかわり自由だそうです。これに挟んで食べるといいと教えてもらい、さっそく挑戦。

ピタパン

ピタパンにケバブを挟んで頬張ると、ん!おいしい!!濃いと思っていたけれど、ピタパンに挟むとちょうどいい味付け。ヨーグルトだったり、トマトソースだったり、牛肉だったり、いろいろな味が、ピタパンの小麦の甘さと合わさって、絶妙のバランスになりました。

ピタパンに入れて食べる

そして、セットについているトルコの紅茶。器が素敵です。

トルコの紅茶

デザートは、人参とココナッツのケーキ。

ケーキというよりも、甘い煮物といった感じですが、見た目の素朴さ通り、素直な味わいでした。

デザート

サラダ、スープ、メイン料理、ピタパン、紅茶、デザートで、もうお腹いっぱい!

野菜がたっぷりで、ボリュームがあって、大満足のランチでした。

 

関連サイト

トルコレストラン チャンカヤ

 

投稿者プロフィール

赤星由美子
赤星由美子
産後プランニングサービス株式会社代表取締役。保有資格:調理師 食品衛生責任者  一般社団法人ドゥーラ協会認定産後ドゥーラ 発酵プロフェッショナル。さまざまな情報を発信していきます。